AIR-G’ラジオ番組「おいしい時間」ONAIR!(毎週日曜日 15:55~16:00)

01月 嶋宮 勤 氏 « HOME

2008 年 1 月 27 日放送内容

【第4回月 part:④】2007年オープン!円山の「蕾亭」お寿司から和食へ

ゲスト : すし善 社長兼親方 嶋宮 勤 氏

20080106

呉服の文化のように古き良き時代を伝えたい。輸入食材がありふれる中、日本料理の魅力を伝えたい。その中で、敷居 を高くせず、カジュアルでキチッとした基本の食事を食べていただきたい。そんな想いで生まれたのが「蕾亭」。【蕾】草冠に雷と書く。漢字に勢いを感じるで しょう。

2008 年 1 月 20 日放送内容

【第4回月 part:③】日本代表のすし団・ワシントン桜祭り

ゲスト : すし善 社長兼親方 嶋宮 勤 氏

0801-3

日本の味を世界に伝えたいという想いがあります。ファーストフードが日本にもあたりまえになってきているこの時代 だからこそ寿司の素晴らしさを伝えたい。ワシントン桜祭りで、ニューヨークタイムズの記者がボクに聞くんです。【「嶋宮さんお寿司」と「回転寿司」とは何 が違うんですか?】と。答えは簡単です。回転寿司は、誰が食べるのかわからないが、ボクの寿司は目の前にいるあなたのために握る。寿司の素晴らしさを、北 海道札幌から世界へ向けて発信していく。

2008 年 1 月 13 日放送内容

【第4回月 part:②】寿司の粋な食べ方・マナーなど

ゲスト : すし善 社長兼親方 嶋宮 勤 氏

0801-2

寿司は手で食べてもらった方が職人は嬉しい。元々すし屋には箸はなかった。時代の流れに乗って、お吸い物や刺身を 食べたりすることから箸が必要になってきた。手で食べる女性を見た時は、僕も気合が入る。粋を感じますよね。男が女をエスコートする時は、男は高いものを ガンガン食べるのが粋。

2008 年 1 月 6 日放送内容

【第4回月 part:①】お寿司の魅力とは・・・

ゲスト : すし善 社長兼親方 嶋宮 勤 氏

0801-1

寿司は日本の食の国技だと思ってます。清潔・礼儀を基本に寿司は握ります。何年も修行をした職人が、目の前にいる お客様のために寿司を握ります。想いや愛情が入ってる寿司は、ほんとうにうまいです。お米とネタだけで作る寿司は、ごまかしがききません。寿司職人は正直 者にしかできない。単純な作業だけど、こんなにおいしいものはないと思います。それが寿司の魅力だと思います。

  • 12月 2018
      
     1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31