AIR-G’ラジオ番組「おいしい時間」ONAIR!(毎週日曜日 15:55~16:00)

【第98回月 part:①】蝦夷但馬牛(たじまうし) « HOME

2015 年 11 月 1 日放送内容

【第98回月 part:①】蝦夷但馬牛(たじまうし)

ゲスト : 2015年11月放送ゲスト:江別えぞ但馬ビーフクラブ 松下 博樹 氏

11-1
~松下さん、見た目がお牛さんみたいな優しいお顔をしております!
蝦夷但馬牛(たじまうし)って初めて聞いたのですがどんな牛ですか?

元々30数年前、兵庫県の方から兵庫といえば但馬牛、ということで
親牛を仕入れて江別に持ってきたというのが最初です。
但馬の牛というのが日本一小さな牛なんですよね。
それで200年間兵庫から出さないで品種改良して作られたのが
但馬の原点なんですよね。

一番小さいといっても大きいですね(笑)
和牛の中でも小さいということなんです。
肉質はコザシが多いです。
コザシってサシですね。
赤い中に入る細かい霜降りですね。
それをサシっていうんです。専門用語で。
それで赤身の中に細かいのが入ってるんですよ。
脂じゃなくてサシなんですね。
ま、お肉なんですよ。
サシもお肉なんですよね。
ま。とにかく、美味しいということです(笑)

~大変貴重だということで現在松下さんは現在
但馬牛を生産されているんですが何頭くらいいるんですか?

江別で年間但馬牛として出荷できるのは35~40頭です。
大変貴重な牛なんですよ。

コメントはまだありません »

まだコメントはありません。

Leave a comment

  • 6月 2017
      
     1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30