AIR-G’ラジオ番組「おいしい時間」ONAIR!(毎週日曜日 15:55~16:00)

12月 麻田 信二 氏 « HOME

2007 年 12 月 30 日放送内容

【第3回月 part:⑤】北海道農業の未来について

ゲスト : 酪農学園 理事長 麻田 信二 氏

20071202
田園が荒れると人々の心も荒れるといわれます。日本は、食材自給率39%といわれている中、北海道は食材自給率が 200%もあるんです。日本の中で独立していけるのは、北海道が一番なんです。これからの北海道農業は、原料供給型だけではなく、各地域で加工・販売の強 化が不可欠。農薬を使わない。有機肥料での栽培。など消費者の期待に応えていく、そんな農業が必要なんです。

2007 年 12 月 23 日放送内容

【第3回月 part:④】これから先の酪農学園の未来像

ゲスト : 酪農学園 理事長 麻田 信二 氏

0712-41
20年30年後の将来がよりよい環境になることを目指します。高等な教育を学び、社会に役立つこと・仕事に役立つこと。人間教育を基本とした大学にしていきたいです。地球環境問題を考えていかなければいけない現在、いよいよ酪農学園の役割がきたと思っております。

2007 年 12 月 16 日放送内容

【第3回月 part:③】酪農学園ってどんな大学ですか?

ゲスト : 酪農学園 理事長 麻田 信二 氏

0712-31
5000人の若者が集う、酪農という名前をもっている国内唯一の大学です。食料・農業・環境とこれからの時代を担うことを総合的に学ぶことができます。食の偽装が目立つ今だからこそ、必要な大学だと思います。これからの時代を担う、若者が集まる大学、それが酪農学園です。

2007 年 12 月 9 日放送内容

【第3回月 part:②】なぜ2000本ものブルーベリーを作ろうと思ったのか?

ゲスト : 酪農学園 理事長 麻田 信二 氏

0712-21
農園を始めて12年になります。その中で、自分自身の体力に見合った農業をしたいと考えました。また、消費者の方 が健康になれるようなものを作りたいと思い、ブルーベリーを始めました。果樹園は一般公開しており、皆様に来て楽しみながら収穫をしてもらい、楽しみなが ら食べてもらうのが非常に嬉しいです。これから、農業の仲間が増えるのが、非常に楽しみです。

2007 年 12 月 2 日放送内容

【第3回月 part:①】果樹園を始めるきっかけ

ゲスト : 酪農学園 理事長 麻田 信二 氏

0712-1
道職員として仕事をしている中で、北海道の農業を発展させたいと思いました。雄大な大自然とおいしい食べ物がある 北海道を環境保全型の農業発展へ。安心で安全な食べ物を作っていきたいと思い、自分自身も一農夫になろうと決意しました。消費者の健康を考えた農家を目指 し、長沼で果樹園を始めようと思いました。

  • 12月 2018
      
     1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31