AIR-G’ラジオ番組「おいしい時間」ONAIR!(毎週日曜日 15:55~16:00)

【第77回月 part:③】動物園の役割 « HOME

2014 年 2 月 16 日放送内容

【第77回月 part:③】動物園の役割

ゲスト : 2014年1.2月放送ゲスト:北海道大学客員教授 旭山動物園元園長 小菅 正夫氏

201402-3
人間が食べる動物っていうのは
人間が生まれてから死ぬまでコントロールしてると思うんですよ。
生まれるのも人工授精やったり色んなことやって
なんとしても生まれるわけですよ。
死ぬ時は人間の都合で殺されるんですよ。
人間の為に存在する動物です。
ところが、動物園の動物は彼らは野生動物、
要するに人間の為に生きてる動物ではない、
人間と全く同じステージで地球上に存在している動物達の代表として
人間社会に送られてきた動物です。
だからこれは生から死に至るまで完全に彼らの四柱に委ねられている、
我々がそれらをコントロールすると言う事はできないししちゃいけない。

~小菅さんが考える動物園の役割とは?

僕はね動物園の役割はね動物をいいな、好きだな、って思ってくれる人をね
物凄く沢山増やす事が動物園の最も大切な役割だと思ってます。
何故かというとね、そんなの当たり前じゃんていうんだけれども
当たり前の事が一番大事なんだよね、
というのは、野生動物が今絶滅に向かっている
何としてもこれ絶滅させてはいけない。
その為に動物園こんな事が出来るんだっていうさ。
それが環境問題もそう。
野生動物が絶滅する背景には自然環境の綻びが見えている、
進行しているでしょ、これも防がなければならない。
どうやったら防げるか。
究極の防ぐ力は民の力なんだよね。
多くの人が身の周りに多くの生き物がいる方がなんとなく楽しい、
だって動物好きだもん。って言う人がね全国民の60%いたら
日本の国は絶対に野生動物を絶滅させたりはしない。
それから世界中にそういう人達が60%いたら
ぼくは地球上の生き物は全部守れると思う。
だから僕達の本当の大事な仕事はやっぱり動物がいるところはいいねぇと
思ってもらえる人を沢山たくさん増やす事。
それが動物園の最も大切な仕事だと思ってます。

コメントはまだありません »

まだコメントはありません。

Leave a comment

  • 12月 2017
      
     1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31