AIR-G’ラジオ番組「おいしい時間」ONAIR!(毎週日曜日 15:55~16:00)

【第77回月 part:①】動物園の餌の量 « HOME

2014 年 2 月 2 日放送内容

【第77回月 part:①】動物園の餌の量

ゲスト : 2014年1.2月放送ゲスト:北海道大学客員教授 旭山動物園元園長 小菅 正夫氏

201402-1
~動物の餌の量がすごく多いですよね?
どれくらいの量保管してるんですか?

保管はねプレハブ式の冷凍庫があって
だいたい1回に肉で1トン、魚で1トンくらいはゆうに入りますね。
冷凍庫というかもう建物ですから。冷凍室みたいな。
その他に冬の間の保管でD型ハウスといって野球は出来ないけど
物凄く広いところがあってそこに置いておきますね。

基本は食糧を切らさないという。

ただね、困ったことがありましてね。ホッケが獲れない時があったんですよ。
でね、ホッケが獲れないから他の魚でいいだろうって
みんな思うんですよ。そしたら絶対だめなの。
動物ってねホッケを食べてる動物にサンマやニシンをあげても絶対食べない。
彼等ね食べ物に関しては物凄く保守的なの。
だからどんな動物でもそうだけど毎日食べてる物が
一番美味しくて一番安全なの。
そして翌年から安全を見越してね僕のところでそんなに
保存できないしょ、だから大きな魚屋さんの倉庫に扱ってもらって
そこから運んでもらってるんですよね。

だからね、食べ物というのはなくなってからじゃだめなの。
絶対になくならないようにしておかなきゃ。
備蓄というのがどれだけ大事かということですよ。

コメントはまだありません »

まだコメントはありません。

Leave a comment

  • 7月 2018
      
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31