AIR-G’ラジオ番組「おいしい時間」ONAIR!(毎週日曜日 15:55~16:00)

【第69回月 part:④】「猫またぎ米」からの米チェン « HOME

2013 年 6 月 23 日放送内容

【第69回月 part:④】「猫またぎ米」からの米チェン

ゲスト : 2013年6月放送ゲスト:北海道銀行 産業戦略部長 西山 泰正 氏

201306-4
北海道の米が40年くらい前にはどんな風に表現されていたか
というと猫も食べないから「猫またぎ米」とかですね
北海道という言葉にかけて「厄介どう米」などという
ありがたくない名前が代名詞としてつけられていたんですね。
70年代に減反政策という流れの中で
このまま北海道のお米が美味しくないということになれば
北海道からお米をなくしてしまえということで
非常に大きな危機感を北海道の関係者は持ち出したんですね。
それでアミロースというでんぷんの種類が多く含まれると
ごはんが固くなって粘りが少ない、というこれを解決するために
農業試験場の稲津さんが品種改良をするためにですね
アミロースを分析する機械を手作りで1978年に当時の2千万、
今の金額で言えば2億かけて用意しました。
そして一粒一粒をその機械に入れて分析していくんです。
これは全国世界でも初めての試みでした。
実はゆめぴりかにその技術は反映されて今、日本一おいしい、
つまり、猫またぎ米チェンジをした、ということなんです(笑)

コメントはまだありません »

まだコメントはありません。

Leave a comment

  • 11月 2018
      
     1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30