AIR-G’ラジオ番組「おいしい時間」ONAIR!(毎週日曜日 15:55~16:00)

【第59回月 part:④】くるるの杜のこれから « HOME

2012 年 8 月 26 日放送内容

【第59回月 part:④】くるるの杜のこれから

ゲスト : 2012年8月放送 ゲスト:ホクレンくるるの杜 管理課 課長 髙見 一彦 氏

1208-4
9月以降は畑ではトウキビやジャガイモ、人参や大根、かぼちゃ、キャベツや白菜など、一番収穫ができる時期です。冬はビニールハウスでいちご収穫体験や餅つき、秋に収穫した野菜を雪のなかに保存して、その野菜掘り体験などができます。
調理加工体験では、畑の収穫物やハウスのいちごを使ってピザやケーキなど、たくさんのメニューを用意しております。
これからの体験イベントとして、9月に農場で数種類の野菜収穫とその場で調理体験をセットにした「農場収穫祭」
12月にはクリスマス用ケーキやリース作り、、1月にはハウスでいちご収穫と調理をセットにした「体験感謝祭」を行います。
2月にはすべり台やかまくらなどを手造りで用意して、かまくらの中で温かい物を食べたり、北海道の冬の遊びを体験していただく「雪まつり」など、これからもいろいろなイベントを企画していきますので、詳しくはホームページなどでご案内させていただきます。

~高見さんにとって「食」とは?
「食」とは、「つながりを感じること」です。
食べることは、自然や農業、生産者と消費者、健康や豊かさなど、
食べ物に由来するいろいろな事とつながっていると思います。
私自身も「くるるの杜」で仕事ををするようになってから、
沢山のことと繋がっているのを実感しています。

コメントはまだありません »

まだコメントはありません。

Leave a comment

  • 5月 2018
      
     1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31