AIR-G’ラジオ番組「おいしい時間」ONAIR!(毎週日曜日 15:55~16:00)

【第56回月 part:②】バイヤーズセレクション « HOME

2012 年 5 月 13 日放送内容

【第56回月 part:②】バイヤーズセレクション

ゲスト : 2012年5月放送 ゲスト:ノーステック財団 専務理事 常俊 優 氏

1205-2
モノを買い付けてそれを店舗に卸して売っていくという
その買い付けをする方々をバイヤーと
呼んでいますけれども道内ばかりではなく
道外のバイヤーの皆さんに集まって頂いて北海道の食品を見て
食べて評価をしてもらったわけですけれども
これをやったおかげで大変興味深いことが分かりました。

北海道の商品というのは
デザイン・ネーミング・パッケージが
非常に悪いということがわかりましたし
価格が高すぎるんですね。
今は核家族で家族の人数が少なくなってますけれども
そういったことに対応できるように小さいサイズ だとか
少量で売るということがされていないんですね。
一般に消費者が店で商品を買う場合には
5つのステップを踏むと言われています。
第1ステップは
商品が陳列棚に飾られているわけですけれども
まずは目に止まる、ですね。
第2ステップとして
その商品を手にとってもらい
第3ステップ
その商品に書かれているものの中身をチェックして
食べてみたいと思わせる
第4ステップ
価格を見る。あ、この価格であれば買ってもいいな。
最後の第5ステップ
食べてみたら非常に美味しいということでまた、買ってみよう、と。
リピーターになってくれる。
という5つの段階があるんですけれども
北海道の商品というのはですね、
5つのステップの最初の段階、
見た目という一番大事なところが弱いんですね。
でも、北海道の食品は美味しいですからね
そいういうネーミングやデザインを改善すれば
鬼に金棒、ということでますます北海道の食品が
売れていくんではないかなと思っております。

コメントはまだありません »

まだコメントはありません。

Leave a comment

  • 8月 2018
      
     1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31