AIR-G’ラジオ番組「おいしい時間」ONAIR!(毎週日曜日 15:55~16:00)

【第50回月 part:①】「食クラスター」とは « HOME

2011 年 11 月 6 日放送内容

【第50回月 part:①】「食クラスター」とは

ゲスト : 2011年11月放送 ゲスト:北海道経済部 食関連産業室長 永田 吉則 氏

11-11-1
「食クラスター」とは
北海道とはこんなに魅力的なところなのに経済的には厳しい。
それで実はやっぱり北海道は食だろう。
この「食」をもっと儲かるようにできないものだろうか?
というように考えたのが食クラスターなんです。

クラスターというのはぶどうの房だったり、魚の群れだったり
要するに皆さん各々一粒一粒が例えば農業者であり、
食品加工業者であり、料理をする人、消費者の方々、
こういう方々が皆で集まって
北海道で新しい雇用を生み出したり新しい所得、
北海道で皆で儲けて経済を活性化して
我々の生活を良くしよう、というそういう運動なんですね。

この取り組みは北海道の食の発展を願う人なら誰でも入れます。

参加するメリットといいますとね、
北海道は広く、こんなことやりたいな、
と思っておられる方がいてもなかなか仲間がいない。
それで我々が考えたのが
道内どこにいらしても自分の考えているプロジェクトや事業を
紙一枚を出して頂いて、私ども道庁ですとか国、各市町村、
関係団体、こういう方々がそれを実現する為に
色んな知恵を出す、そういう仕組みを新たに作ったんです。

今現在は230を超える団体が道内から出てきています。
興味を持った方は
インターネットで「食クラスター」を検索してみてください。
ホームページからすぐ参加できます。参加料は無料ですよ。

コメントはまだありません »

まだコメントはありません。

Leave a comment

  • 5月 2018
      
     1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31