AIR-G’ラジオ番組「おいしい時間」ONAIR!(毎週日曜日 15:55~16:00)

【第45回月 part:③】はちみつの使い方 « HOME

2011 年 6 月 19 日放送内容

【第45回月 part:③】はちみつの使い方

ゲスト : 2011年6月放送ゲスト:『さっぱち』 サッポロ・ミツバチ・プロジェクト実行委員会 養蜂スタッフ 多久島 和子 氏

1106-3
私の父が60年九州の佐賀県で養蜂をやってましたので
母は砂糖の変わりにお料理は全部蜂蜜だったんですね。
だから私も結婚した時にはやっぱり同じように砂糖は買わずに
調味料のところには蜂蜜が常にあって
煮物でもお魚の煮付けでも肉じゃがでも白和えとかきんぴらゴボウでも
常にお砂糖を使う時にはお肉の時でもそうですけれども
柔らかくなるんですよね。
きんぴらゴボウとかでも油で炒め始めたらすぐ蜂蜜を入れると
しんなりするので割と時間も早く後でお醤油とか入れるにしても
素材が柔らかくなるんで早く仕上がるんですね。
後はそのお寿司とかでも合わせ酢には蜂蜜つかってますから
たまに私が作った料理を食べる友達とかは
食べるとこの甘みは何だろう?っていいますね。
蜂蜜使ってることは言わないんですけれども。
砂糖の甘みでもみりんの甘みでもない、といいますね。
卵焼きにも使いますね。

それに身体にもいいんですよ。
ブドウ糖が即効性があるらしいんですね。
蜂蜜には必ず花粉も入ってて、それにはビタミン ミネラルが
入っているので総合的に見てけちの付けようの無い食品だと思います。

今年からはさっぱちの蜂蜜でみなさん元気になってください!

コメントはまだありません »

まだコメントはありません。

Leave a comment

  • 11月 2018
      
     1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30