AIR-G’ラジオ番組「おいしい時間」ONAIR!(毎週日曜日 15:55~16:00)

【第44回月 part:①】江戸前の天麩羅の特徴 « HOME

2011 年 5 月 1 日放送内容

【第44回月 part:①】江戸前の天麩羅の特徴

ゲスト : 2011年5月放送ゲスト:株式会社綱八 代表取締役社長 志村 久弥 氏

1105-1
北海道でつな八は大丸札幌と札幌東急プラザに入ってます。
つな八で出してる江戸前の天麩羅の特徴ですが
江戸というのも江戸時代は海の広さが広かったんですね。
近年になって埋め立てをしてしまったものですから。
前は魚河岸というのが日本橋にあったんですね。
今江戸城があるところから日本橋のすぐ袂で
江戸城から東京湾がすぐ見えたんですね。
その海を江戸前とその当時は言ってました。
ただここ近年埋め立てが進んだものですから
今は江戸前といえば大きい意味で東京湾全部ですね。
三浦半島の方から逆に東は房総半島まで
いわゆるそこを東京湾と言ってそこで獲れた小魚を中心に
江戸前のネタと称します。

代表的なのが車海老だったり穴子、
後は季節によって小柱という青柳の貝の柱、
これから春から夏にかけておいしいですね。

まず江戸前のてんぷらの特徴はごま油です。
ごま油の焙煎や調合の仕方は
店によって違うのですがごま油で揚げます。
ですからごま油風味の天麩羅が江戸前てんぷらの特徴だと思います。

コメントはまだありません »

まだコメントはありません。

Leave a comment

  • 9月 2018
      
     1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30