AIR-G’ラジオ番組「おいしい時間」ONAIR!(毎週日曜日 15:55~16:00)

【第42回月 part:③】ゆめぴりかの未来 « HOME

2011 年 3 月 27 日放送内容

【第42回月 part:③】ゆめぴりかの未来

ゲスト : 2011年3月放送ゲスト:ホクレン農業協同組合連合会 米穀事業本部   米穀部 米穀生産課 課長 青木 慎介 氏

1103-3
ゆめぴりかは現在平成22年産で5,300ヘクタールの作付になっております。
全道の米の約5%くらい作付になります。
それで平成23年につきましてはそれを10,000ヘクタールまで拡大する
ということで全道の1割程度の作付になるという計画にあります。
今現在、ゆめぴりかは道内では非常に高い評価を頂いております。
平成23年は作付も倍増しますし
本格的に道外に販売をしていきたいと思っております。
それと合わせて「高いブランド」ということでのアピールをしていきたいので
そういったこだわりのところにいかに使って頂くか
という事を非常に重要視しております。
去年はANAの国際便でゆめぴりかを採用頂いたということがございます。
そういったこだわってるところにゆめぴりかを使って頂く、
ということを非常に大事に進めていきたいと思っております。

~青木さんにとっての食とは?
私にとっての食とは「命と幸せ」と思っております。
食は人間の命を育む一番重要なものであると思ってます。
また個人的に職場の同僚、家族でおいしいものを食べに行こう
ということが結構あります。
単純に本当においしいものに出会った時には幸せを感じます。
私にとっての食とは「命と幸せ」です。

コメントはまだありません »

まだコメントはありません。

Leave a comment

  • 11月 2018
      
     1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30