AIR-G’ラジオ番組「おいしい時間」ONAIR!(毎週日曜日 15:55~16:00)

【第31回月 part:③】赤殻、白殻 « HOME

2010 年 4 月 18 日放送内容

【第31回月 part:③】赤殻、白殻

ゲスト : 2010年4月放送 ゲスト: 株式会社ホクリョウ                  取締役・営業本部長 福島 尚樹 氏

03
卵はひよこがかえる元ですので
ひよこが形成される栄養素が全て入っているという風に認識して頂ければと思います。
一般的には栄養価が高くて動物性たんぱく質を豊富に含む他
ビタミンとかミネラルが含まれてまして
栄養バランスが良いことから完全栄養食品と言われていますね。

一番簡素な卵の食べ方は卵かけご飯ていうのが
ブームになっていますけれども
あれが非常に簡単で栄養バランスのいい消費の仕方だとも
いわれていますね。

殻の色が違うのは卵を産むニワトリの種類によって違います。

一般的には同じ餌を供給していれば
赤殻の卵であろうと白殻の卵であろうと栄養価は変わりません。

ただしですね、今実際には生産現場としましては
赤殻の卵を産むニワトリには特別な栄養価の高い餌を与えてまして
差別化することによって卵を生産しているのが今の日本の卵の現状ですね。

ただ白殻の卵の方が生産効率が良く、
個人的な見解ではありますが「白」に対する美意識も多少は影響してるのでは
ないかと思います。
そういう部分で日本では白殻の卵が主体となってますよね。

コメントはまだありません »

まだコメントはありません。

Leave a comment

  • 9月 2018
      
     1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30